ここはページの先頭です。

パンのまめちしき

パンの種類 世界にはいろんなパンがいっぱい!その代表的な種類をご紹介します。

フランスパンの種類

ドゥ・リーブル(Deux-Livres)
1kgの意味。焼上重量で約680g位。長さは55cm程度と、棒状フランスパンの中では長さより太さ、大きさを特徴としている。
パリジャン(Parisien)
棒状の代表的なフランスパン。長さは約50〜70cm。重量500g前後で表面に5〜6本のクープ(切れこみを入れること)をつけたものが多い。
パリジャンとは「パリっ子」の意味。
バゲット(Baguette)
長さ約70〜80cm。重量300〜400g前後のステッキパンであり、フランスパンのうちでは細長い部類に属し、パリパリした表皮が多く塩味であることを特徴にしている。日本語訳で「杖」の意味。
バタール(Batard)
棒状フランスパンのうちで太さがパリジャンとバゲットの中間にあり、長さは約40〜50cm。重量は300g程度。日本語訳は「中間の」という意味。パリジャンとバゲットの中間的な格好を意味している。
フルート(Flute)
笛のフルートのように細長い棒状フランスパン。重量は200〜250gだが、長さは約50〜60cm。
フィセル(Ficelle)
日本語訳で「ひも」の意味。長さ約30cm、重量は約120〜150g。
ブール(Boule)
ボール状の小および中型フランスパン。表面にクロスした数本のクープをつけたものが多い。重量約280g。
ブールとは「ボール」の意味。
シャンビニョン(Champignon)
約50g位の西洋キノコの形をした小型フランスパン。
フォンデュ(Fendu)
お尻の割れ目のような形をしたパン。TWIN(ふたご)の意味。大きいサイズのものと小型のものがある。
タバチュール(Tabatiere)
タバチュールとは「たばこ入れ」の意味で、フタをかぶせたような格好をしているフランスパン。これも大型と小型がある。
クープ(Coupe)
窯入れ直前のパン生地表面にナイフで一本のクープ(切れ込みを入れること)だけを入れた小型のフランスパン。