パンでつくる離乳食レシピ

離乳食には“超熟”がおすすめ

シンプルな素材でできているから、赤ちゃんにもおすすめ

超熟
離乳食には超熟がおすすめ

パン離乳食の進め方

  • ゴックンのころ(5,6ヵ月)

    ゴックンと飲み込むことを覚える5,6ヵ月ごろは、食パンをトロトロに煮て与えます。与え始めはすりつぶしたものを小さじ1から、徐々に量を増やします。

  • モグモグのころ(7,8ヵ月)

    離乳食に慣れてくるころです。やわらかい粒状のものを、舌でつぶして食べる練習をするため、水分を減らし、少し形を残したパンがゆにしましょう。

  • カミカミのころ(9〜11ヵ月)

    自分で食べたいという意欲が出てくるので、手づかみができるメニューを取り入れます。スティックで食べさせる以外にも、型抜きなどを使うといろいろな形状で作れます。

  • パクパクのころ(1才〜1才6ヵ月)

    前歯が生えそろう時期。手づかみでかじりやすいように、2〜3口サイズに食パンを切って与えます。ミニサンドイッチなどもおすすめです。

離乳食レシピ

  • ゴックンのころ(5,6ヵ月)
  • モグモグのころ(7,8ヵ月)
  • カミカミのころ(9〜11ヵ月)
  • パクパクのころ(1才〜1才6ヵ月)
  • ご注意事項ご注意事項