100周年記念商品

創業より「社会に貢献」できる企業であることを理念とし、その取り組みのひとつとして国産小麦の積極的な活用を進め、
食料自給率向上への貢献を目指しています。この国産小麦の小麦粉を使用したパンづくりに、
社員から募集した合計1,057もの国産小麦のパン・菓子のアイディアの中から商品化しました。

記念商品 第一弾

さくふわさくらん

桜の香りがふわっと香る桜餡を国産小麦の
クッキー生地で包みました。

開発の背景

敷島製パンの社名の由来になったことや、
創業当時の社章や、現在のパッケージに記載している桜マークがあることからPascoと縁深い「さくら」味の国産小麦の焼き菓子「さくふわさくらん」が開発されました。

創業当時の社章→現在の社章

商品提案者の声加納さん(マーケティング部 販売促進グループ)

ー 今回のアイディアをどのようにして思い
つきましたか?

加納さん
名前を変えることで格が上がる歌舞伎の襲名や、暖簾を守るために季節ごとに新作を発表する和菓子屋さんのようなイメージで、創業当時のシンボル「桜マーク」を現代風にデザインし、お菓子にすることを思いつきました。
Pascoが過去から未来へ繋がっていく姿を表現できるといいなと考えました。

ー 100周年を迎えるにあたって、今思うことや、
これからの意気込みなどがあれば教えてください。

加納さん
「シキシマパン」や「桜マーク」を懐かしく思ったり、「桜マーク」に祝賀感を感じたり、それぞれの人の解釈で、商品を通じて「敷島製パン」や「Pasco」への想いを深めるきっかけになると良いなと思います。

「さくふわさくらん」はPascoのオンラインショップでも
お買い求めいただけます。

リスのしっぽ

国産小麦の小麦粉を使用した
もっちり・しっとりとした食感の生地に、
あんバタークリームとこしあんを巻き込んだ、
優しい甘さのちぎりパン。

※本商品は、中部・関西・四国エリア
のみで販売しています。

開発の背景

お子様には手を汚さず手軽に、
食べ盛り世代にはまるっと一袋、
高齢の方にはちぎって少しずつ、
小麦の味わいにあんこの栄養をプラスして、
沢山の方の側に寄り添えるパンになってほしいとの
想いから「りすのしっぽ」が開発されました。

商品提案者の声鈴木さん(イーストカンパニー 物流部 出荷係)

ー 今回のアイディアをどのようにして思い
つきましたか?

鈴木さん
我が家には子供がいて、その子がピーピーと「おなかすいたー」と言う姿を思い浮かべながら、夕飯を考えるような気持ちで考えました。習い事がある日は夕飯まで時間があるのでパンを食べさせることが多く、その度に、小分けにでき、手軽で食べやすいあんこ系のパンがあったらなという思いがありました。同じような思いを持ったお母さんや、こんなパンが欲しかった!という方の助けや喜びになれたら嬉しいです。

ー 100周年を迎えるにあたって、今思うことや、
これからの意気込みなどがあれば教えてください。

鈴木さん
100年もの間、沢山の従業員がそれぞれの想いを持って、受け継がれてきて今があることを改めて感じるとともに、私もこれからも続くPascoの一員だという自覚をもって精進していきたいなと思います。