超熟トップ > 超熟のヒミツ:こだわりのパッケージ

超熟のヒミツ

その6 こだわりのパッケージ

「炊きたてのごはんのような味わい」という
開発コンセプトにふさわしい「和」のイメージ、
シンプルでありながら上質なイメージ。
これらのコンセプトから「紺」×「白」のカラーが導き出されました。
当時食パンのパッケージといえば赤やオレンジといった
暖色系が常識だったのですが、
超熟は「これまでにない新しい食パン」として、
あえて今までとは違う色合いを採用しました。

パッケージの変遷

  • その1 毎日食べても飽きない味
  • その2 超熟製法
  • その3 イーストフード・乳化剤不使用
  • その4 国産小麦
  • その5 ネーミングとロゴマーク
  • その6 こだわりのパッケージ

PAGE TOP

閉じる