Pasco超熟トーストmeetsの特設サイト「秋の味覚」ページです。

pasco

季節の恵みと超熟で、おいしい相乗効果!こんがりしあわせ、秋の収穫祭
autumn autumn

実りの季節にふさわしく、
今回のテーマは秋の味覚。
焼いて、温めて作るホットレシピを、
フードコーディネーターが
ナビゲートします。
うま味・香り・食感が楽しめるきのこや、
ほくほく甘いさつまいも、
脂ののったさばなどが、
超熟トーストに出会うことで
おいしさ倍増!
できたてを頬張れば、
こんがり温かなしあわせに包まれます。

cooking with heat

焼いて、温めて。

加熱調理でうま味がグンとUP!

焼いて、温めて。加熱調理でうま味がグンとUP!1

今が旬の食べものと言えば、野菜類はさつまいも、れんこん、ごぼう、きのこ。魚介類は鮭やさば、フルーツはりんごに柿など。豊富な秋の食材には、うま味と栄養がたっぷり詰まっています。せっかくだったら、超熟トーストと一緒に楽しみたい! そんな欲張りな願いに応えてくれるのが、素材を生かしたレシピを得意とする、フードコーディネーターの米澤里佐さんです。

焼いて、温めて。加熱調理でうま味がグンとUP!2

米澤さん

秋はホットメニューが恋しくなる季節。フレッシュで食べられる食材も、焼いたり、温めたりといったひと手間を加えると、また違った楽しみ方ができます。例えば、りんごはじっくりソテーすることで甘みが増し、とろりと柔らかな舌触りに。きのこはこんがり焼くことで、うま味や食感が引き立ち、香ばしさも出ます。

焼いて、温めて。加熱調理でうま味がグンとUP!2

autumn food & choujukutoast

秋の味覚超熟トースト
ふたつのおいしさが一体化!

秋の味覚と超熟トースト、ふたつのおいしさが一体化!

米澤さん

こっくり味わい深い秋の食材と、小麦の持ち味をシンプルに引き出した「超熟 国産小麦」は、お互いを引き立て合うため相性は抜群です! さらに、加熱することで食材とパンがよくなじむため、一体化したおいしさが味わえますよ。

さつまいもを加熱する際は、はちみつを絡めることでレンチンでもしっとりほくほくと。きのこにはマヨネーズと味噌を合わせてコクをプラス。また、さばは身を粗めにほぐして存在感を残すなど、食材を生かすための工夫も詰まっています。

こうして完成したのが、きのこやさばを使ったおかず系と、りんごやさつまいもを使ったスイーツ系の計4品。こんがり、とろり、ほっくり。思わず食欲をそそる見た目と味わいは、食事におやつ、パーティーにも活躍してくれそうです。

日に日に肌寒くなるこの季節、ホットな超熟トーストレシピで、おなかも心もほっこり温まりましょう。

今回お話を聞いたのはこちら

フードコーディネーター 米澤里佐さん

フードコーディネーター米澤里佐さん

フード&製菓担当として、料理撮影専門スタジオの株式会社バックス(東京都江東区)に所属。食にまつわる撮影やレシピ開発に携わっています。レシピのモットーは、素材の良さを引き出し、誰もが作りやすいもの。大好きな食べ歩きからアイデアが生まれることも。