イングリッシュマフィン はじめて物語 情熱は、今もあの日のままに 後編

敷島製パンが東京市場に進出した1969年。
Pascoブランドが誕生したのと同時に発売されたイングリッシュマフィンは
今や自他共にPascoを代表する商品として広く知られています。
実は現在に至るその過程は、まさに「茨の道」ともいうべき困難なものでした。
今回は、Pascoのイングリッシュマフィンの黎明期に携わった6人のキーパーソンに、
発売当時の思い出を存分に語り合っていただきました。

特集からレシピを探す

  • 坪田 正明
    (市場開発 営業/1971年当時)

    入社以来55年間、営業畑を一筋に歩む。1973年多摩工場竣工に合わせて名古屋から転勤。イングリッシュマフィンの黎明期から販売に携わり、営業の最前線でイングリッシュマフィンを広めた。

  • 鈴木 将悦
    (目黒工場 管理課長/1969年当時)

    八重洲直営店・二子玉川高島屋などの新規出店に携わり、いずれをも成功に導く。阿部氏・磯貝氏の上司として、イングリッシュマフィンのプロモーション、ブランド戦略を統括。

  • 小川 敏弘
    (目黒工場 開発/1969年当時)

    製造・開発職として、イングリッシュマフィン立ち上げから携わる。イングリッシュマフィン独特の生地と格闘しながら、数えきれないほどの試行錯誤を通じて、商品化を実現。

  • 山口 弘文
    (目黒工場 設備課/1969年当時)

    当時日本には存在していなかったイングリッシュマフィンの量産設備を、手探りで構築。ひたすらトライ&エラーを繰り返しながら、製造設備ラインを造り上げた。

  • 阿部 博
    (目黒工場 管理課員/1971年当時)

    パッケージデザインをはじめ、ポスター・新聞広告・ノベルティに至るさまざまなデザインで、イングリッシュマフィンとPascoのブランドイメージを確立した。

  • 磯貝 俊勝
    (目黒工場 管理課員/1971年当時)

    店舗のイメージからネーミングまで、イングリッシュマフィンの販促の根幹を担った「知恵袋」的存在としてPascoブランド構築に大きく貢献した。

インタビュー

「パン」を売るより「パン食文化」を売るんです。(磯貝)

司会:販促を担われていたお二人は、どんなお気持ちで携わってらっしゃったんですか。

磯貝:生まれたばかりの‟Pasco”というブランドを、我々はいかに高質なイメージのブランドとしてつくり上げるか、というのが使命だと思っていて。いい品質の商品を作るというのは工場や開発でいろいろやってもらっていましたから。とにかくパッケージデザインで、それをどうやってお客さまに知っていただいて、なおかつイメージをつくり上げるかを、ずっと考えていました。

司会:どんな情報やイメージを発信しようとしていたんですか。

磯貝:一言でいうと、「パン食文化」ですね。パンという「モノ」というよりも「コト」の方。Pascoのパン、イングリッシュマフィンが朝の食卓にあることで、一日が楽しくなる。そういうイメージを発信しようという。

坪田:今、その話聞いてて、私は取引先に行って説得する時の最終的な言葉が、そうだったと思い出した。「我が社はパン食文化を創造するパンメーカーなんです」って、決まり文句で言ってた。文化を売ろうという、そういうことでした。

磯貝:「パン」を売るより「パン食文化」を売るんです。っていう。

鈴木:だから、意識だけは高かったんです。東京では、確かにないない尽くしのスタートだったかもしれないけれど。他のメーカーとは違うという気概があったんです。

司会:パン食文化を売るのだという言葉は、私も仕事をしている中で大事にしている部分です。阿部さんはデザインで意識していたことはありますか。

惚れ込まないとできないです。(阿部)

阿部:アメリカの有名なコンサルタントのエルマー・ホイラーという人が言っていた言葉で、『ステーキを売るな、シズルを売れ』という有名な言葉があるんです。だからイングリッシュマフィンのシズルはどこにあるのかっていうのを、いつも磯貝さんと一緒に考えていました。

坪田:知らなかった。『ステーキを売るな、シズルを売れ』か。いい言葉だね。

阿部:こういう表現がPascoには必要だろうと。だからイングリッシュマフィンを通してPascoのブランドイメージを売る。Pascoは単体の商品広告よりも企業広告をやっていたんですね。そのために「消費者のためになった広告賞」とか、いろいろと賞をもらったりしたんですけど。要するにお客さまのためになるような企業広告、そういうのを目指してコピーワークしてたので。だからあの時メインにしていたのは、「新しい朝がやってくる」。そんなキャッチフレーズでやってました。これを食べれば、やっぱり新しい朝が来るという。

坪田:いいキャッチだもんな、本当に。今でもそう思うよ。

阿部:惚れ込まないとやっぱできないです。

司会:山口さんは、何か印象に残っていることはございますか。

最初に採用したのはウチでしたね。(山口)

坪田:この「クロージャー」という包装フィルムを留める小さなパーツ。当時は、こういうものを付けているパンがなかったので、パッケージを破ると、全部食べ切れない時に不便だったんです。なので、イングリッシュマフィンがこのパッケージに変わった時、これがものすごい反響でした。

山口:日本で一番最初にパンでこれを採用したのはウチでしたね。
このバッカー包装形態そのものが他社との差別化だということで、機械を入れたんですが、日本で初めて見た機械でしたから、使いこなすまでやっぱり大変で。アメリカから機械本体は買ったんだけど、商社経由だったのでメンテナンスをやる人がいなかったんです。横文字ばっかの取扱説明書なもんですから、写真だけ見て判断しながら使い込んできた経緯がありまして(笑)。 そんな中で工場長から、当時他社がやっていなかった製造日付を入れて差別化を図ろうという話がありまして。まず袋に印字したんですけど、どうやってもうまくいかなくて。そこでクロージャーに初めて印字しようというところまではよかったんですが、なかなか難儀しました。何とかそういうのを解決しようってインクローラーからインクリボンに変えたり。で、ある程度使い込んできて。最終的に活字を焼きの入る材質で作って、それで焼き入れするようにしたら、きれいに見える状態にこぎつけました。今となってもいい思い出ですけど。
※現在包材印字の技術が進み、クロージャーに日付は印字させていません。

坪田:初めて聞いたよ。そんな話。そんなことしてたんだ。機械メーカーがスッと持ってきてやってたんだろうなと思ってた。

山口:それがなかなかうまくいかなかったんです(笑)。

阿部:チラシ作りましたよ、それ。Pascoのパンには、製造日付がここに入ってますって。

オリジナルのイングリッシュマフィンも復刻してください!(山口)

鈴木:今のイングリッシュマフィンは、バラエティとしては4種類だけですか。

司会:そうです。

小川:昔はもっといろいろあったね。

坪田:いろいろやりましたね。

鈴木:チーズが入って、フォカッチャでチーズのもの、あれがあったでしょう。

小川:コーンマフィン。

坪田:あったね。

鈴木:コーン缶詰のような。粒がまるっきり入ってるやつ。

阿部:オートミールとかもあったよ。

鈴木:ワカメ。

阿部:パイナップル。

司会:パイナップルもあったんですか。それは知らなかったです。

鈴木:もうこれ苦し紛れかも分かんないですけど(苦笑)。

小川:先ほど、当時の竹田課長がイングリッシュマフィンの研修に行かれたオロウィート社のセルビーさんから教えていただいたのがバターと蜂蜜の入ったバターハニーマフィン。それから全粒粉の入ったウイットベリーマフィン。どちらも販売したと思いますけどね。

坪田:バターハニーマフィン、もう一回やってみようかな。

司会:面白いかもしれないですね。おいしそうです。
そろそろお時間も近づいてきました。最後にPascoのイングリッシュマフィンが50周年を迎えたことについて、皆さんの思うところをお聞かせください。

坪田:2019年7月に九州に初めてPascoブランドが進出したんですけど、イングリッシュマフィンの問い合わせがすごく多かったんです。九州のお客さまは転勤族も多くて、東京や名古屋でPascoのパンを食べてる方が多かったってこともあって、九州進出してくれてうれしいと、すごい熱烈なお便りをいただいたんです。その中の一番ヒットがやっぱりイングリッシュマフィン。特徴のある商品としてお客さまも認めてくださってるんだろうなと思います。これからもしっかりと取り組んでいく、今までの歴史を大切にしたいと思っています。

磯貝:商品のライフサイクルからすると、誕生期から成長期、それから成熟期、衰退期、終末期といく中で今、Pascoのイングリッシュマフィンはどこにいるか。僕はまだ成熟期に差し掛かったところだと思ってるんです。山でいうと、6合目か7合目ぐらいでしょうか。ですから、これから成熟期に向かうところでどうやっていくかということを考えるべきだと。今、個々に営業の方とか製造の方に、この商品のライフサイクルはどこにあるかって調査すると、バラバラだと思うんです。そのあたりをきちっと共通認識として持ってもらいたいと思いますね。

阿部:「イングリッシュマフィン = Pasco」っていうのが、まだ本当に世の中には公認されてないんじゃないかなっていう気はします。これをもっとマスを対象にコミュニケーションすれば今後、ますますPascoブランドのメイン商品になっていくんじゃないかなとは思いました。地方に行けば行くほど、パンとしてまだまだ認知される余地があるんじゃないかと、そういう気はします。もっと関西などでも売れてほしいなと思いますね。

鈴木:私、Pascoっていうのは非常に我慢強く、いつまでも商品を育て上げようっていう、これがずっと昔から続いてる。またさらにそれを続けてくのがPascoだと思うんです。「超熟」だったり、「国産小麦」だったり、そういうこだわりも持ちながら、他社にない商品の追求を続ける、それをずっと次の世代も大事にしていけば、何年たってもPascoは続いてくような気がします。それはまさに、継続は力なりということ。本当に素晴らしいなと。

小川:今、超熟イングリッシュマフィンをよく買ってくるんです。ソフトで非常においしいんですけど、昔のようなもっとカリッというのを、別でもう一個販売していただけたらなという。

鈴木:それにはローラーマットでやらなくちゃいかん。

坪田:だいぶ違う?

小川:違います。

鈴木:やっぱり作りにくいもの、機械にかからない、ラインに乗らない、そういうものもどっかで一つチャレンジするのがPascoじゃないかなと思います。

山口:今小川さんがおっしゃったんですけど、一番最初作った時のイングリッシュマフィンは穴がボコボコ空いてたんです。私、テスト段階に食べた時、非常に生臭い商品だなと思って。でも、それを二つに割ってオーブンの中でちょっと加熱して、真ん中にバターを乗っけると、すごくパリッとしておいしかったんです。その味がいまだに忘れられなくて。今のものはこれで定着してるもので、いいんですけども。別メニューとして初期のイングリッシュマフィン。全国でなくても特定の店で展開されると意外とファンが付くんじゃないかなというのは、かねてからちょっと思っていました。自分でも、作ろうと思ってトライしたことはあったんですが、やっぱり思うようにできなかったんです。私製造職じゃないもんですから(笑)、配合表をもらってやっただけなもんですから、思うようにはできなかったんだけど。

司会:オリジナル・イングリッシュマフィンの復活、ですかね。

山口:ぜひ!可能性があれば。

司会:当時から50年経った今でも、変わることのないみなさんのイングリッシュマフィンへの情熱が、この50年の歴史の原動力だったことが、本当によくわかりました。本日はありがとうございました。

レシピを探す

おすすめレシピ

  • アスパラとチーズ
  • あんことクリーム&クリーム
  • エビじゃがマフィン
  • カフェラテクリーム&チョコチップ
  • キュウリとルッコラ
  • クリームチーズとサーモン
  • クロックムッシュミートがけ
  • コーンシチュー
  • シナモンハニーバター

レシピをもっと探す