国産小麦

Pascoの国産小麦のあゆみ

Challenge

国産小麦のパンづくりの本当のはじまりは、行政、流通、製粉業者、生産者まで、
国産小麦に関わる多くの人たちとのパートナーシップを築くことでした。

国産小麦のパンづくりの本当のはじまりは、
行政、流通、製粉業者、生産者まで、
国産小麦に関わる多くの人たちとの
パートナーシップを築くことでした。

国産小麦に関わる人たちと
想いをひとつに重ねるために。

「国産小麦」でおいしいパンをつくりたい。
そんな想いを抱き、
Pascoは2005年に国産小麦「春よ恋」の
小麦粉を100%使用したパンを発売しましたが、
生産事情により十分な量の小麦を確保できず、
やむなく配合を変更したことがありました。
国産小麦のパンを継続してお届けするためには
関係者のみなさんと協力し、
生産量を増やしていくことから
始めなければなりませんでした。

more

工夫と研究を積み重ね
国産小麦をおいしいパンに。

国産小麦「ゆめちから」はたんぱく質を多く含み、
グルテンを形成する粘りと弾性が強い特徴が
あります。
もちもちした食感につながる性質ですが
「ゆめちから」の小麦粉だけでは
弾力が強すぎるため、
ブレンド比率や製造工程を
何度も調整する必要がありました。

more

Pascoの国産小麦のあゆみ

History

2005

国産小麦「春よ恋」の小麦粉を100%使用したパン
「国産小麦使用バゲット」を発売

2008

国産小麦のパンづくりを宣言

2009

農研機構 北海道農業研究センターが
13年かけて開発した小麦が 優良品種に認定され「ゆめちから」として品種登録

研究者のおはなし

生産者のおはなし

2010

農林水産省が立ち上げた“ゆめちから” を
実用化させる
食品開発プロジェクトに参画

2012

「ゆめちから入り食パン」を期間限定で発売

開発秘話

2013

「ゆめちからブランロール」発売

北海道に「Pascoゆめちから農場」誕生

北海道産の小麦と原材料にこだわった北海道初の直営店
「Pasco夢パン工房手稲店」を札幌市にオープン

2014

国産小麦による食料自給率向上活動で、
「フード・アクション・ニッポンアワード2014優秀賞」を受賞

2015

「ゆめちから入り 塩バターパン」発売

「国産小麦のバウムクーヘン」など素材にこだわった
菓子パン・菓子などを発売

「超熟 国産小麦」発売

「ゆめちから入りちぎりパン」発売

「ゆめちから入り 塩バターパン」が
「フード・アクション・ニッポンアワード2015優秀賞」を受賞

※パッケージは発売当初のものです。

2017

「ゆめちから小麦と米粉のロール」発売

2018

北海道江別市のJA道央との共同施設「ゆめちからテラス」内に
「Pasco夢パン工房」2号店をオープン

「窯焼きパスコ 国産小麦のバゲット」発売

2020

創業100周年記念商品発売

「国産小麦」の小麦粉を使った「さくふわさくらん」

「国産小麦」シリーズをリニューアル