Pasco

文字サイズ

国産国麦ゆめちから

menu
  • ・将来を語る研究者
  • ・大地を育てる男たち
  • ・十勝を愛する挑戦者(チャレンジャー)
  • ・幸せを広げる会社

小麦畑から食卓まで 北海道座談会

[小麦の品種開発]

帯広畜産大学 教授 山内宏昭氏

帯広畜産大学 教授

山内 宏昭

[小麦の生産農家]

(有)道下広長農場 代表取締役 道下 公浩氏

(有)道下広長農場 代表取締役

道下 公浩

チホク会 会長 山川 健一氏

チホク会 会長

山川 健一

[小麦を扱う製粉事業者]

(株)山本忠信商店 代表取締役 山本 英明氏

(株)山本忠信商店 代表取締役

山本 英明

[商品の開発・販売]

敷島製パン(株) 代表取締役社長 盛田 淳夫

敷島製パン(株) 代表取締役社長

盛田 淳夫

敷島製パン(株) 研究開発部 パン開発グループ 主任研究員 栗田 木綿子

敷島製パン(株) 研究開発部
パン開発グループ

主任研究員 栗田 木綿子

幸せを広げる会社

想いや価値を伝え、幸せの連鎖を生むお手伝い

幸せを広げる会社

想いや価値を伝え、幸せの連鎖を生むお手伝い

盛田:私は“ゆめちから”に出会う前から、パンづくりを通して社会にどう貢献できるのかを考えていたんです。Pascoの創業理念が「事業を通じて社会に貢献する」というもので、この創業の理念を過去の遺物にしてはいけないと。創業から一世紀を経たこの時代に、この理念をどう具現化していくのかが、私の社長としてのテーマだったんですよ。それをずっと追い求めている中で出会ったのが“ゆめちから”であり、そこに携わるみなさんでした。みなさんと出会い、ベクトルを合わせ、同じ目標に向かってそれぞれが最大限の努力をしたことで今の流れができました。

司会:運命的な出会いがあっただけでなく、なおかつ想いが一致したんですね。

盛田:ベクトルを合わせるっていうのは、すごく大事なことです。互いにベクトルを合わせることによって、そこに共通の目標、ゴールができて、その目標やゴールに向かって、それぞれがやるべきことをやる。それによって一つの大きな流れをつくることができた。ここに至るまでにはみなさんの想いやストーリーがあり、そこに価値が生まれています。その価値をお客さまに伝えることも大切だと考え、「ゆめちからマーク」をつくりました。

山内:私も「ゆめちからマーク」のバッジをつけてきました(笑)。

盛田:一般のお客さまから見たら、このマークはある意味、違和感があると思うんですよ。「これ何?」と、目を留めるというか。

山本:ああ、そうですね。

盛田:それでいいんです。「これ何?」と思ってもらって、「でも、ここに“ゆめちから”って書いてあるけど、“ゆめちから”って何だろう?」と興味を持ってくれるお客さまが一人でも増えればいいと思っている。“ゆめちから”を使ったパンができるまで、そこに至るまでにはいろいろストーリーがあることが、少しでも広まれば「ゆめちからマーク」をつくった意味があると思っています。

山川:何かの本で読んだんですけど、今の子どもたちはお米の品種は言えるけど、小麦の品種は言えないと書いてあって。

盛田:お米の品種はよく知られていますが、小麦はまだまだですよね。このマークでパンを召し上がるお客さまに“ゆめちから”という品種のことも伝えたいと考えたんです。

山川:私もその本を読んで「本当かな」って思って。うちの子どもは小学5年生なので、聞いてみたんですけど…。麦の品種を知らなかったんですよね。

一同:(笑)

山川:もう、がっかりして…。でも、これは子どもに限ったことではなく、パンなどの商品になって、パッケージとかに「“ゆめちから”使用」という記載があって、そこで初めて“ゆめちから”という品種を知るという人が多いと思ったんです。ですから、これからのチホク会の試みとしては、地元の人や本州の人を招いて「この畑の小麦は“ゆめちから”ですよ」とPRができれば、国産小麦のさらなる活性化につながるのではないかと。新たな視点が増えて、注目される部分も多くなってくるのかなと思いますね。大きい話ですが、私は生産者として、長い年月をかけて“ゆめちから”を支え、つくっていきたい。

山本:世の中には、小麦粉には薄力粉、中力粉、強力粉があることすら知らない人もいるでしょうし、一般のお客さまから小麦が品種名で呼ばれることなんて、これまでなかったことですから。やっぱり“ゆめちから”と呼ばれるようになるっていうことは、十勝の農業に携わる我々にとってありがたいことだし、嬉しいですね。

盛田::ゆめちから”はあくまでも公共のブランドだけれども、Pascoの事業を通じて世の中に少しでも認知されるような、広がるようなお手伝いができれば、それも社会貢献につながると思うんです。これからいろいろな業界で“ゆめちから”が使われ、需要が増えてくれば、生産者の方にも安心してつくっていただける。そういうよりよい連鎖を生む一助になればと思って取り組んでいます。

道下:そうなれば、嬉しいですね。“ゆめちから”が認知されることで、食べる人たちに「誰がつくったのか」が見えるようになります。逆に言えば、生産者の私たちは、食べる人に見られているわけですから、責任感もやりがいもさらに強くなりますね。つくった人が見える、食べる人が見えるということが、食べ物の本来のあり方なのかなと思います。

屋上で栽培し、生産地の人たちと想いを共有

屋上で栽培し、生産地の人たちと想いを共有

山内:Pascoさんでは“ゆめちから”を栽培していますよね。

栗田:はい、本社の屋上で栽培しています。

山内:私は、あれにすごく感動して。盛田社長から「屋上で“ゆめちから”を栽培するから、栽培方法を教えてください」って言われて、最初は「本気なのか?」って(笑)。

盛田:生産地で“ゆめちから”を育てているみなさんと同じ想いを共有したくて始めました。生育していく様子を間近で見たいと思いましたし、会社の屋上なら私も社員も毎日生育の過程が見られる楽しみがあります。

山内:あれは、すごいと思いますよ。社員の方も栽培をしているわけですから、実際に栽培するのはこんなに大変だとか、こういう過程で生育するんだということがわかりますよね。

盛田:毎日、様子を見たくても、すぐに北海道に飛んで行けないですしね。でも、会社で栽培すれば毎朝、出社した時に「今日はどんな感じだろう」と見ることができます。


Pasco本社テクノコア 屋上での“ゆめちから”収穫

栗田:今日みなさんのお話を伺って、今まで以上に小麦をもっともっと大切にしたいと感じました。お米って「最後の一粒まで食べなさい」と言われますよね。同じように小麦の大切さももっと伝えたいと思うようになりました。

司会:意識の変化ですね。Pascoで働く社員の意識も変わりつつあると先ほど盛田社長がおっしゃっていましたが、栗田さんから見て社内の変化というのは。

栗田::“ゆめちから”を使ったパンの、ラインテスト9の時のことなんですけど。Pascoの製造現場は社員が工程ごとに配置されているんですが、このラインテストの時は各工程の社員たちが焼き上がったパンの前に集まって来たんです。“ゆめちから”でパンをつくるために、大勢の社員が一丸になっていると感じて、すごく嬉しかったですね。

山本:そういう話を聞くと、本当にありがたいと思います。

※9 ラインテスト

商品の発売前に工場の製造ラインでパンをつくり製造条件の調整と品質の確認を行うこと。

Pasco本社テクノコア 開発室にて

“ゆめちから”で期待に応えるパンづくり

“ゆめちから”で期待に応えるパンづくり

司会:栗田さんからパンづくりの話題が出ましたので、盛田社長にPascoのパンづくりについて伺いたいと思います。

盛田:Pascoのパンづくりは、お客さまが何を求めているのかが基本的な判断基準になります。例えば「超熟」は「余計なものは入れない」という取り組みを続けていますが、始めたきっかけは原材料に関心を持つお客さまが増えていたことです。このように、お客さまの期待にお応えする商品をつくろうという想いが、Pascoのパンづくりのベースですね。

司会:「余計なものは入れない」という取り組みは、それまでの常識を変えたのではないですか。

盛田:今まで使っていたものを抜いても、従来のパンと品質を変えることなく、おいしいパンをつくる。その製法をつくり出すというのが我々の企業努力で、ここにいる栗田も含め、Pascoの研究開発陣が取り組んでいる。できる限り添加物に頼らなくても従来と同じように、あるいは従来以上においしいパンをつくることが企業努力だと思うし、それが常識を打ち破る挑戦になるんだと思います。

司会:“ゆめちから”によるパンづくりを始めたことで、「超熟 国産小麦」という新しい商品も生まれました。そういう意味でも“ゆめちから”の存在は大きいのではないですか。

盛田:添加物に頼らなくても“ゆめちから”という小麦の力で、北米産の小麦と遜色ないパンができる。初めて“ゆめちから”を試食した時にそれがわかって「これはすごいな。こんな小麦が日本に出現したんだ」と。これが“ゆめちから”に最初に出会った時の感想ですね。

栗田:そういった部分でも“ゆめちから”はすごく利点がありますね。通常の小麦粉は全粒粉やレーズンなどを混ぜるとボリュームが出にくくなるので、添加物が必要になったりするのですが、“ゆめちから”はボリュームを出す力が強いので、それに頼らなくてもいい。これも“この子”の魅力だと思っています。

盛田:“ゆめちから”を使ってみていろいろな発見があったと言いましたが、これからもいろいろな発見があるだろうという期待感を持っています。非常に夢を感じますね。“ゆめちから”はいいネーミングですよ(笑)。

山本:本当にいい名前ですよね。

山川:たぶん本州のお客さまの方が“ゆめちから”という名前を知っている人が多いと思うんです。Pascoさんのパンを通して、認知されているのではないでしょうか。

司会:北海道でできた小麦のおいしさが、Pascoでパンになることで全国のお客さまの食卓に広がっているということですね。

盛田:小麦の品種を開発する人、栽培する人、製粉する人、そしてパンをつくる人、このつながりや想いが食べる人にも伝わり、共有できるものをつくる。そのためにやるべきことは、お客さまが安心して「おいしい」と実感していただけるものを追求していくことであり、それが私たちの責任だと考えています。お客さまに私たちの商品を選んでいただいたその結果として、食料自給率の向上につながるという流れができれば、私たちの想いが実現すると考えています。

司会:ありがとうございます。この座談会を通じて“ゆめちから”に携わるみなさんのつながりが、さらに深まったように思います。また、この記事を読んでいただいた方々にも、それぞれの仕事に真摯に取り組まれるみなさんの想いが伝われば幸いです。本日はありがとうございました。