Pasco

文字サイズ

国産国麦ゆめちから

menu
  • ・将来を語る研究者
  • ・大地を育てる男たち
  • ・十勝を愛する挑戦者(チャレンジャー)
  • ・幸せを広げる会社

小麦畑から食卓まで 北海道座談会

[小麦の品種開発]

帯広畜産大学 教授 山内宏昭氏

帯広畜産大学 教授

山内 宏昭

[小麦の生産農家]

(有)道下広長農場 代表取締役 道下 公浩氏

(有)道下広長農場 代表取締役

道下 公浩

チホク会 会長 山川 健一氏

チホク会 会長

山川 健一

[小麦を扱う製粉事業者]

(株)山本忠信商店 代表取締役 山本 英明氏

(株)山本忠信商店 代表取締役

山本 英明

[商品の開発・販売]

敷島製パン(株) 代表取締役社長 盛田 淳夫

敷島製パン(株) 代表取締役社長

盛田 淳夫

敷島製パン(株) 研究開発部 パン開発グループ 主任研究員 栗田 木綿子

敷島製パン(株) 研究開発部
パン開発グループ

主任研究員 栗田 木綿子

十勝を愛する挑戦者(チャレンジャー)

十勝の農業のために信頼関係づくりに尽力

十勝を愛する挑戦者(チャレンジャー)

十勝の農業のために信頼関係づくりに尽力

司会:先ほど山本社長からは「チホク会のメンバーは誇りと責任を持って農業に取り組んでいる」という話を伺いました。こういった意識の高い生産者と関わる会社として、大切にしていることは何ですか。

山本:私の会社にはトータルフードデザインという考え方があって、これは栽培現場から消費者の口に入るまでの過程をちゃんと説明できるように携わっていくという考え方です。栽培技術に関しても、今までとは違う新しい方法にもどんどんチャレンジしながら、生産者の人たちとも深く結びついていくようになりました。

司会:生産者の方たちと手を取り合い、ともに歩んでいくと。

山本:そうです。私たちの立ち位置は、徹底的に農業に寄り添いましょう、ということです。十勝の農業の歴史は豆から始まり、我々のような穀物を扱う会社の祖先は、農家をサポートしながら十勝の農業をつくってきたと思っているんです。そこに立ち返って、農家に寄り添うという立ち位置で、生産者と一緒に十勝の農業をつくっていく会社でありたいと思っています。社員も同じ想いを持っているので、例えば“ゆめちから”の営業担当者は「生産者の気持ちを絶対に伝えるんだ」と言って「生産者はこんな想いでつくっています」と全国の取引先に話してまわっています。

盛田:Pascoの社内には、開発や生産、営業などさまざまなセクションがあって、それぞれの人たちが自分の果たすべき役割を認識して日々の仕事をしている。“ゆめちから”によって社員の意識も変わったんじゃないかなと思いますね。例えば営業で言えば、「一斤いくらですよ」という商談ではなく、「このパンの中には、“ゆめちから”に携わる人たちの想いがあって、想いがあるからこそ、こういうパンができたんです」と語ることが大事だと私は思っています。やっぱり、ここに至るまでのいろいろな想いだとか、ストーリーを語っていくことが大切だと。そういう意識は社内にも芽生えつつあると感じています。

山川:こういうふうに「十勝☆夢mill」8ができて、「超熟 国産小麦」が発売されたことで、“ゆめちから”をつくりたい、穫れた小麦はヤマチュウに預けたいと言う生産者が増えると思います。チホク会の会員も増えていますから。

山本:会長のおかげだね。

一同:(笑)

山本:農業に寄り添うという立ち位置で、うちは会社のミッションとして、農業にもコミュニケーションが大切だと考え、1999年から取り組みを始めたんですよ。

司会:農業のコミュニケーションとは?

山本:研究者、生産者、商社、企業などが会って対話する場を設けて、関係づくりを行うという取り組みを始めたんです。研究開発の苦労、農作物を栽培する苦労、農作物を使って商品をつくる苦労、そして種の在庫のリスクだとか、互いの努力や苦労を知る必要が絶対にあると思うので。なぜって、互いにわかり合えないと信頼関係はできないんだから、互いを知るってすごく大事なことですよ。現在、この取り組みは「『つくる』を『食べる』のもっと近くに」という表現で継続しています。

司会:それは“ゆめちから”に限らない活動ですか。

山本:もともとは豆から始まりまして。こうやって農作物に関わる人たちを招いて、生産者と会ってもらって、一緒に話してもらおうと始めたんです。今こうやって“ゆめちから”に携わる人たちが一つの席に着いてお話しできるのは、当時の夢の形ですね。


十勝☆夢mill

※8 十勝☆夢mill

2011年にヤマチュウが新規事業として建設した十勝初の本格製粉工場。

生産者とともに歩み、支え続ける

生産者とともに歩み、支え続ける

司会:チホク会はもともと麺用(うどん用)の小麦をつくっていたそうですね。

山本:麺用の小麦の種を播いて、肥料のやり方を変えたり栽培を工夫したりしてパン用にならないかとやってみたり。“ゆめちから”ができる前から、「パン用小麦をつくろう」と言って、補助金が付かない時から最初の秋播きのパン用小麦品種「キタノカオリ」をつくってもらっていて。ヤマチュウとチホク会のメンバーと、みんなで助け合いながらやってきましたから、“ゆめちから”ができた時は嬉しかったですね。

道下:うんうん。

山内:最初の頃は品質が安定しなくて。収穫期前に雨がちょっと降ると発芽しちゃって、品質が落ちちゃうということで。ものすごく生産者の方にはご苦労をおかけしたんですけれど、「パン用小麦をつくりたい」ということで栽培に取り組んでくれた。

山本:話は変わりますが、うちは小豆も扱っていて、以前、大阪の和菓子屋さんに渡す新しい小豆を4軒の生産者につくってもらったことがあったんです。その和菓子屋さんから「新しい小豆で饅頭をつくりました。十勝の小豆生産者に配ってください」とその店の饅頭を託され、うちが配りに行ったんです。ある小豆生産者の奥さんから聞いたんですが、旦那さんがその饅頭の前に家族を集めて「俺の小豆でつくった饅頭だ」と言って家族一人ひとりに渡したらしいんですよ。これはつくり手の誇りですよね。同じことを小麦でもやりたいと思いました。

道下:もともと食べ物というのは「僕がつくりました」「食べてください」と、つくり手の顔が見えるというのが本来の流れだと思うんです。だから、「このパンは自分たちが育てた小麦でつくられたものです」と言えるような流れをつくるためには「地元に製粉工場があったらいいね」という話はずっと前からありました。「十勝☆夢mill」という製粉工場ができて、もう4年?

山本:そうですね。2011年に完成ですからね。

道下:4年前に「十勝☆夢mill」ができて、自分たちが栽培した小麦を製粉してPascoさんでパンになるという流れができた。これはもう本当に、この上ない喜びというか、何と表現したらいいかわからない。十勝の農業、ヤマチュウ、チホク会、それぞれの歴史の中で、みんなが待ち望んでいた形になったのかなと思う。

ヤマチュウにて