ブランドサイト

  • 超熟シリーズ

  • 超熟フォカッチャ

  • 国産小麦シリーズ

  • 超熟ロールでおうちこっぺ

  • 窯焼きパスコシリーズ

  • PASCO SPECIAL SELECTION

  • バラエティブレッドシリーズ

  • フォカッチャ シリーズ

  • イングリッシュマフィンシリーズ



  • ホットプレートやこだわりの食材をプレゼント

  • バゲットに1番合う缶詰レシピを決める「缶詰バゲットグランプリ」を開催!

  • PascoのCM「つれづれパン日記」特設サイトです

  • 「いつの時代も、社会とともに。」 敷島製パン100周年記念サイトです

  • みなさまから応募いただいた超熟リレーの動画を公開しています

  • パンが好き、Pascoが好きという方が集まって楽しむためのサイトです

  • 超熟を使った離乳食レシピや豆知識をご紹介しています

  • 超熟のおすすめトーストレシピを紹介しています

  • 超熟を使ったパンアートをご紹介しています

経営理念・社長挨拶

経営理念

「食糧難の解決が開業の第一の意義であり、事業は社会に貢献するところがあればこそ発展する」という創業の理念に基づき、ここに新たな経営理念を制定する。

「企業は社会に貢献することによって社会から支持され、生かされている存在である」ことに思いを致し、事業活動を展開するにあたってはPascoが提供する商品・サービスに対する顧客の期待に応え、ブランド価値を高める努力をする。さらに、広く社会的要請に応えることを通じて社会が直面する課題解決に進んで取り組み、安全・安心を最優先に健康で豊かな食生活の実現に向けた企業努力を積み重ねる。

性別・国籍に関係なく向上心に燃える社員一人ひとりに自己実現の場を公平に提供するため、機会平等の職場づくりに真摯に取り組む。また、社員一人ひとりが充実した仕事と生活の両立を追求し、健全な日々を送ること、あるいは生活面で直面する様々な問題に立ち向かうことを支援する。

社会の変化に常に関心を払い、社会の発展、環境保全に貢献する事業活動を推進すると共に、チャレンジ精神を発揮し、Pascoの持続的発展のために変化のスピードに遅れることなく、また変化に伴うリスクを恐れず革新に挑み続ける。

社長挨拶

今、日本をはじめ世界では新型コロナウィルスの感染拡大により、世界中が大きな不安に覆われ、混乱に陥っています。この感染拡大は、世界の食糧供給体制にも影を落とし始めており、一部の穀物生産国が輸出規制を導入するなどの動きをしています。

偶然なのか、歴史の必然なのか、わが社が創業した100年前も実は同じような社会環境にありました。

わが社が創業した2年前の1918年の春は第一次世界大戦の最中にあり、スペイン風邪と呼ばれる新型インフルエンザが発生し、戦争という混乱の中で欧米を中心に第1波の爆発的感染が起こり、秋にはアジア、アフリカ、南半球にかけて第2波、その後も第3波の感染拡大が起こり、世界的なパンデミックになりました。この時は世界人口の4分の1から半数近くが感染し、5000万人から最大で1億人が死亡したとも言われています。

1919年の春までには日本もその被害から免れることができず、45万人の方が死亡したと伝えられています。わが社が創業したきっかけとなった米騒動もそのような社会環境の中で起きた事件でした。

そういった意味でも、創業時の理念に改めて思いを致し、これからの新たな時代に向けて、努力を積み重ねて参ります。

そして、今、時代は第四次産業革命が始まろうとしています。これからの時代はデジタル革命がさらに進化し、これまでとは全く異なる時代になります。未来のあるべき姿を思い描き、時代の変化に遅れることなく、社会に貢献できる企業を目指して新たなる時代の歩みを始める決意です。

代表取締役社長 盛田 淳夫