ブランドサイト

  • 超熟シリーズ

  • 超熟フォカッチャ

  • 国産小麦シリーズ

  • 窯焼きパスコシリーズ

  • 十勝バタースティックシリーズ

  • イングリッシュマフィンシリーズ

  • なごやん

  • PASCO SPECIAL SELECTION

  • My Bagelシリーズ



  • PSS商品を対象としたキャンペーン特設サイトです

  • パンが好き、Pascoが好きという方が集まって楽しむためのサイトです

  • 超熟を使った離乳食レシピや豆知識をご紹介しています

  • パンのある夕食を楽しむためのレシピなどをご紹介

  • 超熟のおすすめトーストレシピを紹介しています

  • 超熟を使ったパンアートをご紹介しています

  • スナックパンがスマートフォンアプリになりました

お知らせ

企業 2019.06.21
このページを印刷する
『イーストフード、乳化剤不使用』等の強調表示と今後の取り組みについて

『イーストフード、乳化剤不使用』等の強調表示と

今後の取り組みについて

 

 

敷島製パン株式会社(Pasco)は、お客さまからの食品添加物についての問合せが多くなってきたことを背景に、お客さまの要望に応えたいという想いから、シンプルな配合でおいしい商品をお届けすることを目指して取り組んでいます。

 

包装紙に「イーストフード、乳化剤不使用」等※1と記載している強調表示については、2007年2月「超熟」シリーズから実施しました。これは、お客さまにその事実をわかりやすく伝えるのが目的です。なお、食品衛生法に定められている「イーストフード」「乳化剤」は安全であるという認識をしており、それらを使用した商品もございます。

 

しかしながら、「イーストフード、乳化剤不使用」等の強調表示をすることで、お客さまに「イーストフード、乳化剤が安全でないもの」と誤解、誤認される可能性が危惧されるため、どうしていくべきか弊社内で協議を重ねてまいりました。

そこでこのたび、弊社内での協議の結果、
『お客さまが、誤解、誤認をされる可能性が少しでもあるのであれば、それを避けるため包装紙、販促物へ「イーストフード、乳化剤不使用」の強調表示はしない』とする事といたしました。

それに伴い、現在発売中の商品の包装紙については、2019年7月以降順次変更してまいります。

 

今後表示はいたしませんが、現在「イーストフード、乳化剤不使用」等と表示をしている商品の配合、製法に変更はなく、原材料(加工助剤※2、キャリーオーバー※3を含む)として「イーストフード」「乳化剤」は使用していないことに変わりありません。

これは乳化剤を使用せずに安定して生産するために配合・製法の工夫のみならず、製パン機械設備の更新、製パン工程の見直しを繰り返し、技術を積み上げてきたことで実現してきました。

また、小麦粉、油脂には「乳化剤」と同等の成分が元々含まれているため、分析すれば微量に検出されますが、油分と水分を混ざりやすくする「乳化機能」を期待するものではありません。パン酵母の栄養として発酵の手助けをする「イーストフード」については、技術や設備の向上により原材料の栄養分だけで安定した発酵が可能になりました。

 

Pascoの方針として、シンプルな配合でおいしさを追求していくことも変わりはありません。今後も研究、開発の努力を継続してまいります。

 

これからもみなさまに愛される商品開発に努めて参りますので、引き続きのご愛顧を賜りますようにお願い申し上げます。

 

 

以上   

 

=================================

※1. 食品添加物は原則物質名を記載することになっているが物質名の代わりに種類を示す一括名表示(14種類)ができる。「イーストフード」「乳化剤」はその中の2種。これらの一括名表示を認められている物質はイーストフード18種、乳化剤25種がある。

※2. 加工助剤:食品の加工の際に使用されるが、(1)完成前に除去されるもの、(2)その食品に通常含まれる成分に変えられ、その量を明らかに増加させるものではないもの、(3)食品に含まれる量が少なく、その成分による影響を食品に及ぼさないもの。

※3. キャリーオーバー:原材料の加工の際に使用されるが、次にその原材料を用いて製造される食品には使用されず、その食品中には原材料から持ち越された添加物が少量しか含まれていない為、その効果を発揮しないもの。

=================================

 

このページをシェアする