パンの表示について

スーパーやコンビニには、たくさんのパンが並んでいます。それらのパンには、みなさんにおいしく安心して召し上がっていただくためのさまざまな情報を表示しています。ここでは、パンのパッケージに表示している、さまざまな情報についてお伝えします。

ご存じですか?食品パッケージの表示ルールについて

スーパーやコンビニで販売されているパンのパッケージに表示している情報は、メーカーが自由に表示しているのではなく、 JAS法(※1)、食品衛生法(※2)などの法律に則って表示しています。
下のパッケージのように、「名称」「原材料」「内容量」「保存方法」「製造者」「消費期限、または賞味期限」などの表示が義務付けられています。なお、輸入品の場合は原産国名の表示も義務付けられています。
以下、「超熟食パン」のパッケージを参考に表示している項目について紹介します。

※1 JAS法:農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律です。
※2 食品衛生法:飲食による衛生の危害発生防止が目的で食品添加物・アレルギー表示や期限表示などを定めている法律です。

1.名称 商品の内容を表す名称を記載しています。
2.原材料名 使用した原材料を記載しています。原材料に占める重量の割合の多い順に記載されます。なお、アレルギー症状の発症を避けるため、平成14年よりアレルギー物質を含む食品の原材料表示が義務化されました。※Pascoでは上の図の( )のように、アレルギー物質を示しています。
またPascoは、表示義務のある7品目と推奨される20品目のアレルギー物質をすべて表示しております
3.内容量 グラムや枚、個数などの単位で記載しています。
4.消費期限または
賞味期限
消費期限、賞味期限を年月日にて記載しています。
5.保存方法 開封前の保存方法を、飲食料品の特性に従って記載しています。
(「直射日光を避け、常温で保存」「10℃以下で保存」など)
6.製造者 製造業者などの氏名または名称及び所在地を記載しています。

食品は加工食品以外にも農産物、水産物、畜産物、玄米及び精米などがあります。
それぞれ表示する項目が違います。詳しくは消費者庁ウェブサイト「食品表示」のページに掲載されています。

消費期限、賞味期限の違いをご存知ですか?

品質の劣化が早い食品には「消費期限」。それ以外の食品には「賞味期限」を記載することになっています。
消費期限は、未開封の状態で、保存方法に記載されている方法で保存した場合に、品質が保持される期限を示す年月日のことです。品質の劣化が早いことから、この期限を過ぎると衛生上の危害が生じる可能性が高くなります。
賞味期限は、未開封の状態で、保存方法に記載されている方法で保存した場合、品質の保存が十分に可能である期限を示す年月日のことです。なお品質の劣化が遅いことから、この期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありませんが、期限の過ぎた商品の喫食をすすめるものではありません。
なお、製造日から賞味期限までの期間が3カ月を超えるものについては、「年月」で表示することが認められています。

赤ちゃん、こどもたちをはじめ、私たちを守るアレルギー表示

アレルギー物質の表示には、表示義務のある7品目(えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生)と表示が推奨されている20品目(豚肉、バナナ、くるみ、大豆など)の計27品目があります。(平成26年9月1日現在) 特定の品目にアレルギーのある方は、パッケージに記載されている表示を見て購入してください。

※Pascoでは一部の商品に右図のようなアレルギー表示をしています。