ブランドサイト

  • 超熟シリーズ

  • 国産小麦シリーズ

  • 窯焼きパスコシリーズ

  • イングリッシュマフィンシリーズ

  • なごやん

  • My Bagelシリーズ

  • 低糖質シリーズ

  • スナックパンシリーズ



  • 超熟がもっとおいしくなる!トーストライフを楽しもうキャンペーン

  • パンのある夕食を楽しむためのレシピなどをご紹介

  • パンが好き、Pascoが好きという方が集まって楽しむためのサイトです

  • 超熟のおすすめトーストレシピを紹介しています

  • 超熟を使った離乳食レシピや豆知識をご紹介しています

  • 超熟を使ったパンアートをご紹介しています

  • スナックパンがスマートフォンアプリになりました

沿革

創業の理念

「金儲けは結果であり、目的ではない。食糧難の解決が開業の第一の意義であり、事業は社会に貢献するところがあればこそ発展する。」
これが創業者・盛田善平による創業の理念です。
当時、第1次世界大戦によってもたらされた異常な戦争景気は諸物価の高騰を招き、中でも米は天井知らずの値上がりを続け、富山県で起きた「米騒動」は全国に広がっていきました。盛田善平は「パンは米の代用食となりうる」と確信。民衆の苦しみを救うためにパン製造を成功させようと決意しました。
こうした善平の理念は、「ひとびとの健康と美に貢献する」という現在のPascoの経営理念にも受け継がれています。

1910

1919年(大正8年)

初代社長盛田善平が敷島製パン株式会社を名古屋に創立。

1920

1920年(大正9年)

製パン技師ハインリッヒ・フロインドリーブ(ドイツ人)を迎えて創業。

1922年(大正11年)

パン類の他、洋菓子類の製造開始。

1924年(大正13年)

研究室を創設。製パン業としては画期的な施設として注目される。

1929年(昭和4年)

和菓子類全般の製造を開始。

1930

1932年(昭和7年)

わが国初の電気運行パン焼きがまを設置し、近代的製パン工場の第一歩を踏み出す。

1950

1952年(昭和27年)

パンにビタミンB1、B2、カルシウムを添加して厚生省特殊栄養食品パン第一号に指定される。

1953年(昭和28年)

・シキシマ・ミルク・スポンジ(S・M・S)製パン法を完成し、パン業界に発表。
・財団法人日本パン科学会を設立し、第三代社長盛田秀平が理事長に就任。

1955年(昭和30年)

・A・D・M・I(アドミ)製パン法を完成し、日本の製パン工場機械化の基礎となる。
・東洋一を誇る300キロワット運行がま(24m×2,4m)を本社新工場に設置。

1956年(昭和31年)

パンで初めて必須アミノ酸L‐リジンの添加に成功。

1960

1962年(昭和37年)

刈谷工場操業開始。

1964年(昭和39年)

新鋭連続製パン設備が刈谷工場に完成。これを機に関西に進出し、豊中市内に直営1号店「シキシマスィーティー」を開店。

1965年(昭和40年)

大阪豊中工場操業開始。消費者モニター制度を創設。

1967年(昭和42年)

犬山工場・大阪昭和工場操業開始。

1960

1969年(昭和44年)

・関東への進出の拠点として、東京に「パスコ八重洲直営店」を開店。
・パスコ東京目黒工場操業開始。

1970

1972年(昭和47年)

全工場にコンピューター導入完了。

1973年(昭和48年)

パスコ東京多摩工場操業開始。

1975年(昭和50年)

販売エリアを四国に拡大。

1977年(昭和52年)

パスコ湘南工場操業開始。全社ネットの総合オンライン情報システムが完成。

1979年(昭和54年)

Pasco Corporation of America(パスコ・アメリカ)を米・ロサンゼルスに設立。

1980

1980年(昭和55年)

愛媛県に、(株)シキシマパン松山工場(現(株)四国シキシマパン)を設立。

1982年(昭和57年)

米国ローマンミール社と製造販売契約を結び、全粒粉を使ったパン「ローマンミール」を発売。

1983年(昭和58年)

Burlap Limited(現Panash Limited)を香港に設立し、香港大丸内にインストアベーカリーを出店。

1984年(昭和59年)

・パスコ・アメリカがトーランス工場を新設し、アメリカでの本格的生産を開始。
・長野県松本市に、(株)信州シキシマを設立。
・サンフランシスコ乳酸菌(Lactobacillusu San Francisco)のパン生地への活用に成功。「マイハート」シリーズとして発売。

1985年(昭和60年)

・氷温発酵技術の実用化に成功。小売店と直結した業界初のオンライン受注システムを、日本電気(株)と共同開発。
・財団法人シキシマ学術文化振興財団を設立。 地域経済・社会・文化の研究を助成。

1987年(昭和62年)

パネトーネ乳酸菌(Lactobacillusu-italicus)の実用化に成功し、イタリアンケーキブレッド「ピコリーナ」シリーズを発売。

1988年(昭和63年)

・神戸冷食プラント操業開始。
・なら・シルクロード博覧会に『パンのお話パビリオン』を出展。

1989年(平成元年)

・世界デザイン博覧会白鳥会場夢集合館Σ21内に『シキシマ私のデザインコーナー』を出展。
・VANシステム「STORE-NET」を導入。

1990

1990年(平成2年)

・ワイン酵母醗酵種を活用した「ワイン酵母180食パン」を発売。
・本社部門と研究開発部門を集約した新本社ビル「テクノコア」完成。

1991年(平成3年)

フランスG・オルデール社と提携、松坂屋名古屋店南館に高級パン店「ブーランジェリー・ポール」を開店。

1993年(平成5年)

パスコ利根工場操業開始。全社運動TPM(トータルプロダクティブメンテナンス)活動を導入。

1994年(平成6年)

・「そのまんまトースト」が93年日経優秀製品・サービス賞の最優秀賞(日経流通新聞賞)を受賞。
・パスコ東京目黒工場を、パスコテクノコア東京と改称し、研究・開発の拠点R&Dセンターを設置。

1995年(平成7年)

・阪神・淡路大震災により神戸冷食プラントと大阪豊中工場が被災。また、直ちに支援物資を有償・無償提供し災害の支援・復旧に貢献。
・氷温技術を活用した食パン「吟撰」を発売。

1996年(平成8年)

・パスコ・アメリカ・ポートランド冷食プラント操業開始。
・本社テクノコア、神戸冷食プラント、パスコ・アメリカ・ポートランド冷食プラントの三拠点を結んだTV会議システムを導入。

1997年(平成9年)

・より衛生的な工場を目指し、全工場の陽圧化工事(工場内給気増強工事)を実施。
・TPM活動において、刈谷、犬山の両工場が、TPM優秀賞を受賞。
・より一層の食品衛生の向上を目指し、HACCP手法の導入を開始。
・インターネット・ホームページを開設。

1990

1998年(平成10年)

・TPM活動において、名古屋、東京多摩、湘南、利根の各工場がTPM優秀賞を受賞。
・独自の超熟製法により毎日食べても飽きない味を追求した「超熟」を発売。

1999年(平成11年)

・TPM活動において、大阪豊中、大阪昭和、神戸冷食プラントの各工場がTPM優秀賞を受賞。
・「超熟」が日本食糧新聞社制定の平成11年度食品ヒット大賞の菓子・パン部門において優秀ヒット賞を受賞。

2000

2000年(平成12年)

本社部門においてパン工業会初の国際環境マネジメント規格ISO14001の認証を取得。

2001年(平成13年)

・神戸工場操業開始。利根工場第二期工事完了、操業開始。
・P・Aトーランス工場閉鎖・売却。
・日刊工業新聞主催「2001年読者が選ぶネーミング大賞ベスト10」で「超熟」が大賞を受賞。
・レアールパスコベーカリーズが東京駅八重洲南口に「PAUL」を出店。

2002年(平成14年)

・神戸フローズンフーズが熊本市に九州営業所を開設。
・本社テクノコアが名古屋市のエコ事業所に認定される。

2003年(平成15年)

・お客さまからのお問合せ番号としてフリーダイヤル回線を開設。
・シキシマ、Pascoの2ブランド制から『Pasco』にブランドを統合。

2004年(平成16年)

Pascoブランド統合告知の新聞広告が第12回中日新聞広告賞準賞を受賞。

2005年(平成17年)

(株)レアールパスコベーカリーズが神戸フローズンフーズ(株)を吸収合併。

2006年(平成18年)

愛知県から県内の優れたものづくり企業として「愛知ブランド企業」の認定を受ける。

2007年(平成19年)

・物流子会社(株)パスコ・エクスプレスを設立。
・神戸工場、本社(6部門)において食品安全マネジメントシステム規格ISO22000の認証を取得。

2008年(平成20年)

・男女ともに仕事と家庭の両立ができる企業として「愛知県ファミリー・フレンドリー企業」の認定を受け、特に優れた取組をしているとして愛知県知事から表彰を受ける。
・「超熟」シリーズ全品でイーストフード・乳化剤を不使用に。
・国内全工場と製品開発部門にISO22000認証の適用範囲を拡大。

2009年(平成21年)

・パスコ埼玉工場操業開始。
・(株)四国シキシマパン、(株)信州シキシマ、第一食品(株)にISO22000認証の適用範囲を拡大。

2010

2010年(平成22年)

・パスコ埼玉工場にISO22000認証の適用範囲を拡大。
・インドネシア合弁会社であるPT. Nippon Indosari Corpindo, Tbk.がインドネシア証券取引所に上場。

2011年(平成23年)

・東日本大震災によりパスコ利根工場、パスコ埼玉工場が被災し、春のキャンペーンを一時休止(5月から再開)。また、直ちに支援物資を提供し災害の支援・復旧に貢献。
・(株)イレブンフーズにISO22000認証の適用範囲を拡大。
・中国合弁会社である上海頂盛食品工業有限公司の上海新工場が稼動。

2012年(平成24年)

・国立大学法人帯広畜産大学と包括的連携協定締結。超強力小麦「ゆめちから」を使ったパンの共同研究を実施。
・国産小麦100%使用した「ゆめちから入り食パン」を1カ月間の期間限定で発売。

2013年(平成25年)

・国産小麦100%使用した「ゆめちから入り食パン」通年販売開始。
・北海道に直営ベーカリー「Pasco夢パン工房」オープン。
・超熟15周年を記念して、「超熟ライ麦入り」を発売。

2014年(平成26年)

・国産小麦100%使用した「ゆめちから入り食パン」をリニューアル。
・国産小麦使用による食料自給率向上活動がフード・アクション・ニッポンアワード2014販売促進・消費促進部門において優秀賞を受賞。

2015年(平成27年)

・「超熟」シリーズのリニューアル(国産小麦を使用)
国産小麦100%使用した「超熟 国産小麦」を発売。
FSSC22000の認証を国内全工場で取得
・「ゆめちから入り塩バターパン」がフード・アクション・ニッポンアワード2015 商品部門食品産業分野において優秀賞を受賞。
・「ゆめちから入り塩バターパン」が日本食糧新聞社制定の平成27年度食品ヒット大賞の菓子・パン部門において優秀ヒット賞を受賞。

2016年(平成28年)

・熊本地震発生。当社から救援物資として合計約20万個の菓子パンを送付。
・公式Facebookページを公開
女性活躍に向けた行動計画を公開
・FSSC22000の認証をグループ企業3社((株)四国シキシマパン、(株)信州シキシマ、第一食品(株))で取得