ブランドサイト

  • 超熟シリーズ

  • 超熟フォカッチャ

  • 国産小麦シリーズ

  • 超熟ロールでおうちこっぺ

  • 窯焼きパスコシリーズ

  • PASCO SPECIAL SELECTION

  • バラエティブレッドシリーズ

  • フォカッチャ シリーズ

  • イングリッシュマフィンシリーズ



  • ホットプレートやこだわりの食材をプレゼント

  • PascoのCM「つれづれパン日記」特設サイトです

  • 「いつの時代も、社会とともに。」 敷島製パン100周年記念サイトです

  • みなさまから応募いただいた超熟リレーの動画を公開しています

  • パンが好き、Pascoが好きという方が集まって楽しむためのサイトです

  • 超熟を使った離乳食レシピや豆知識をご紹介しています

  • 超熟のおすすめトーストレシピを紹介しています

  • 超熟を使ったパンアートをご紹介しています

食料自給率向上への貢献のために

おいしさを引き出す国産小麦の、ブレンドやこだわりの素材・具材を使用したパンをつくり、
広くお届けすることで、食料自給率向上に貢献していきたいと考えています

  • 日本の食料自給率は、1960年代は約70%でしたが、2018年度では38%※まで下がっています。小麦の食料自給率は約12%。なかでもパン用小麦はさらに低く、ほとんどを輸入に頼っています。
    このような「食料自給率の低下」という社会課題の解決に貢献していくため、Pascoは国産小麦を使ったパンづくりに取り組んでいます。2030年までに、Pascoにおける国産小麦の使用比率を20%に引き上げることをめざしています。

    ※カロリーベースでの食料自給率。農林水産省ホームページより

日本の食と農業に貢献していくため
国産小麦に携わるパートナーのみなさまと連携しています。

国産小麦を使用したパンづくりを進めるためには、小麦の生産者をはじめ、国や地域の行政、流通関係者、研究者の方々とのパートナーシップが重要と考えています。盛田社長は毎年北海道を訪問し、パートナーのみなさまとの対話を続けています。また、帯広畜産大学と包括連携協定を結び、国産の原材料を使ったパンの研究・開発を協働で行うほか、人材の育成や交流を図っています。

  • 小麦生産者のみなさまと盛田社長(前列右)

  • 北海道における“ゆめちから”の農場の一部を「Pascoゆめちから農場」として契約

帯広畜産大学へPasco社員1人を社会人留学生として派遣し、製パン技術の共同研究・開発を行っています

国産小麦のおいしさを追求したパンづくり

お客さまに国産小麦のパンをお届けすることが食料自給率向上や国内農業の活性化にもつながります。

Pascoは2012年から国産小麦「ゆめちから」のパンづくりに取り組んできました。そのノウハウを活かし、複数の国産小麦品種を使い分け、最適な配給でおいしさを追求する「国産小麦シリーズ」をPascoを象徴するシリーズとして展開していきます。

  • 「超熟 国産小麦」は国産小麦100%の食パンです。

  • 「超熟」にも“ゆめちから”の小麦粉を使用しています。(小麦粉中3%)